「毛皮」という考え方はすでに終わっていると思う

チンチラの毛皮の特徴とお手入れ方法

チンチラは、アンデス地方に生息している動物であり、高所の寒さに耐えるために非常に柔らかく暖かな毛皮を持っています。 毛色は、青黒色や青灰色であり、冬場のコートやマフラーの素材として非常に人気が高いです。 昔の毛皮には、野生のチンチラが使用されていましたが、自然保護の観点から、現在では、養殖のチンチラが主に使用されています。 チンチラの毛皮は繊細であるため、美しさや着心地の良さを保つためには、普段からのお手入れが非常に重要になります。 毛皮に雨や雪の日は特に注意が必要であり、出来る限り水滴が付かないようにした方が良いですが、付着してしまった場合には、しっかりと乾いた布でふき取り、風通しの良い所に保管しておきます。 毛並みに乱れが生じてしまった場合には、ブラシで優しく流れを整えると、ある程度は綺麗な毛並みに戻すことが出来ますが、特に目立った乱れが無い場合でも、着用後は毎回ブラッシングをしておいた方が、チンチラの毛皮を長持ちさせることが出来ます。