「毛皮」という考え方はすでに終わっていると思う

毛皮マフラーの現実

毛皮商品は一般的に高級商品として扱われることが多く、所持している人は周囲の人の目を引くことが多いです。ですが、その裏側にはやはり悲劇があります。産業で有名な国は中国でアライグマや狐の毛皮の商品が次々と開発され、生産されています。特にマフラーは中で最も安く、高級商品と言えど、一般の人でも手にいれる事ができます。一方生産を行う業者側では、生きている動物を生け捕りにし、その大事な生命を奪い、毛皮を剥いでいることが現実です。現在では毛皮製品の生産を中止する運動が各世界で行われいます。直接的にはデモ運動やミーティング、間接的にはインターネットのサイトやテレビなどのメディアを通しての訴えなどがあります。我々が住んでいるこの日本でもマフラーやコートなどの生産を辞めよう、動物達の命を守っていこうと言う人々がデモ行進を行っている様子がテレビで放送されています。私たちが今身に着けていたり、デパートなどで販売されている毛皮のマフラー、コートなどは動物達の命を奪って存在している事を忘れてはいけません。一日でも毛皮製品が世界から無くなることを祈っていきましょう。