「毛皮」という考え方はすでに終わっていると思う

毛皮の作り方は昔に比べて穏やかになっている

毛皮の作り方は実はあまりよく知られていません。中にはとても残酷な採取の仕方をしているのではないかと考えて抗議をしている人もいますが、最近は動物にも痛みがないように安楽死をさせてから毛皮を剥いだりしているのです。そもそもちゃんとした毛皮の作り方をしている業者は、死んだ動物からしか毛皮を取らないようにしているので、着る方としてもあまり罪悪感を感じなくてもいいのです。資源を有効活用しているという側面もあるので、それほど抵抗を感じる必要もありません。衣類の作り方は、基本的には昔よりも進化しているので、多くの場所で倫理的な行動が取られていると考えてもいいでしょう。羽毛なども、いまでは動物に痛みを感じさせないように採取する技術が発達しています。もちろんリアルファーではなくてフェイクファーを使うというのも、悪い選択肢ではありません。動物の毛皮を使わないというのも、ひとつの立派な考え方です。もちろん、実用していくというのもひとつの立派な行為でしょう。